1月20日チーム上原

東京、横浜でも雪が降る寒い日となりました。
オヤジ共は心が折れており、子供達が来なければ稽古中止にしたかった。
しかしナナ、タクミ、リョウ、マッチャン、トモキ、ユタカが参加。
25年前と変わらぬ上原中のレトロなプレハブ道場、もちろん暖房器具など無く他のクラブに比べると修行の場。
外気と変わら無いのでヘルニアで足に痺れのある私には正に極寒地獄。
靴下が脱げない。
子ども達に突っ込まれ打ち込みの時には渋々脱ぐことに。

この日は寒いので基本を重視し中学生と小学生は別メニュー。
去年締め技で半身不随と投げ技で脳挫傷の死亡事故があったので、安全には配慮しなくてはならない。
我々が中学生の頃は朝から締め落とされるのが日課だった。
報道されては無いが昔はもっと死亡事故あったんだろうなぁと思う。

中学生は締め技の練習と打ち込みを強化。
小学生は乱取り後に個人の改善点を指導。
リョウは1本背負いに入るタイミング、引き手を引くのと巻きつける手を相手の肘より上を持つように指導。
タクミは1本背負いに入るタイミング、送り足。足払いの引き手、吊り手の使い方を指導しました。
a0112652_10584059.jpg

2月のスポーツ少年団はエントリー無理っぽいです。
4月、小学生はひのまるキッズ、中学生は昇級試験にチャレンジ予定です。
[PR]
by kuruminanami | 2012-01-21 11:24


<< 1月22日第3回ルアーフィッン... 13日の金曜日チーム上原 >>